ソーマ、活動報告書
拙者の名前は鋼ソーマ。
織田家に属し、今はこざくら組暗部として活動している。

暗部は依頼を受ければどんなに困難であろうと任務は遂行する。
死などは恐れぬ。ましてや、拙者は1度死んだ身故、いまさら死す事など
造作でもない。
暗部の仕事は様々である。時には徒党を組み、尾張の秩序を乱す輩を制し、
時には単独で諜報活動、戦闘、武器に仕込む毒の作成など。

そんな中、今日は、こざくら組の一人僧の空殿の昇進の手伝いを
依頼された。
富士地下洞穴で手に入る死霊の御霊を20個持ち帰ってくるというものだ。

しかし、今拙者は極秘任務についている為、手伝う事が出来ない。
あの場所に単独で行くのは危険だ。拙者でも苦労したものだ。
そこで、弟であり、こざくら組遊撃隊を率いているゼンに頼む事にした。

そこには、烈火も所属しているので奴の修行にもいいかと思い、
我が忍犬ハガネ丸を使い2人にその旨を伝える事にした。

念の為、忍であるもち殿、さくらて殿にも連絡。
もち殿は、丁度甲府にいたので合流、さくらて殿は越中にて任務中との事で
あとから合流する事に。まあ、ゼンを含め4人なら問題なかろう。

では、拙者は任務に戻るとしよう。







で、その後、目的の死霊の御霊をいくつかは手にいれ、断片も数枚
手に入れたと報告を受けた。
途中、神職のさくっこ殿、武田忍者のツカサ殿も合流したらしい。
2人が加われば問題なかったであろう。

拙者もまだまだ修行中の身故、次回は断片取得も兼ねて
参加するとしよう。

それではこれにて御免!!
[PR]
by hagaen | 2004-10-26 02:23 | 旧ノブ日記